先日の石屋川ウォーキングは、長田神社から高取山へ

今回は子どもさんたちとも一緒で、楽しみながらのウォーキングでしたが、約15,000歩としっかりと歩いてきました。

通常でも階段が多く体力を使いますが、おんぶしながらリュックは前で頂上を目指すというのはかなりハードだったと思います。本当にお疲れ様でした。

大変な道のりだったからこそ、余計に頂上の景色も素晴らしく見えるのかもしれません。

子どもたちと触れること

歩いているとき、頂上でも、高齢者の方にもたくさん出会います。子供たちがいると、みなさん笑顔になって、「がんばったねー」「登ってきたんー」って声を掛けてくださいます。

ただ歩く、登るということだけでなく山の中で感じることは、心に響くことがたくさんあります。日常の中での葛藤、拘りを溶かしてくれる感覚、笑顔でいることの大切さをより感じられる時間になりました。

それは小さい子どもたちのパワーですね。普段、小さい子と触れる時間がないからこそ、強く感じることができたのかもしれません。捻れた心を解きたいときは、子どもたちと触れることをおすすめしますよ。

良かったことを見つめること

寝る前に、「今日の良かったこと」を話すそうです。小さい頃からの習慣は、大人になってからも大きく影響します。当たり前のことも良かったと感じる心。何事も多面性があるもの。良かったという方向から考える力が自然と身につくことは素晴らしいですよね。

生きていく上で、大切にしたいことは人それぞれだと思います。私はお金よりも心の豊かさに心が動きます。頭でこうしたい、ということよりも、心で感じることを優先します。

ウォーキングの会はしばらくお休みになります。歩きたいという方がいらっしゃいましたらご連絡ください。ご一緒させていただきます。

 

 

LINE@始めました。

お役に立つ情報など、お伝えしていきますのでお楽しみに!
ご予約もLINEで簡単にしていただけます。
お友だち登録をお願いいたします。

友だち追加