疲れが溶ける、痛みが抜ける、漢方整体院温緩堂

神戸 御影 石屋川 呼吸法も取り入れた優しい手技の漢方整体です 漢方整体師 野上ふきがお届けします

*

いつか、介護する側、される側になるときのために〜最期に見えてくるもの〜

   

要介護の方の出張セラピー。先月から新しいお客様のところに毎週伺うことになりました。
1回目は、ほとんど意思疎通が取れずでしたが、2回目の施術後は、はっきりと「ありがとう」って、それもニコって笑顔で話してくださいました。さよならと声をお掛けすると、「さよなら」と言いながら、手も振り返してくださって、本当にうれしい瞬間でした。

脳出血で倒れて意識障害があった4年前に、初めて施術に伺いました。今は胃ろうも外せて、食事も取れるようにまで回復されています。意識は戻らないでしょうと診断されて、それでも0パーセントではないからと、娘さんたちとがんばって来られました。まず可能性を信じることで、変わることができるんですね。

介護での出会いから学ぶこと

介護は本当に大変なことだと思います。でも先日、長年ご家族の介護に携わってきた方のお話をお伺いしていて、ほんと考えが変わりました。その方のお母様の施術に、5年間関わらせていただきました。ご家族の方は9年間介護されてきました。最初、お母様との時間のために、介護のために、生活のすべてを変えたというお話をお聞きしたときは、マイナスなイメージを持っていました。今までのおつきあいを絶たないといけない。でもこれは、次のステージに進むためのものなんですね。介護での出会いも半端なく多く、決して狭い世界ではないということがわかりました。介護から学ぶことも多く、決して暗いものではないということです。

介護の世界がもっと完璧であるならば、プロに頼めばいいことです。でも残念ながら、現在の状況は、安心して任せられるレベルではないといいます。様々な問題を抱えている分野で仕事をしてる方は、本当にご苦労も多いと思いますし、簡単に改善できるというものでもないのかもしれません。だから、介護する側の家族が関わっていく必要があるし、その意識をもっと高めていかないといけないんですね。

最期のときに見えてくるもの

どのような出来事も、ブラスにもマイナスにも見ることができます。だからこそ、プラスから見ると、楽しめるし、きっと幸せでいられるはずです。言葉では簡単でも、介護は本当に大変なこと。きっと経験した人にしかわからないことだと思います。いつかは、介護する側、介護される側になるのかもしれません。だからこそ、もちろん、そのためにというわけではありませんが、家族、周りの人との時間、コミュニケーションはとても大切です。最期を迎えるときにこそ、自身がどう生きてきたかが見えるのかもしれません。

 - セラピー, 施術

  関連記事

no image
さすることで痛みが和らぐことのメカニズムが解明された!〜手当ての効果〜

さすることで痛みが和らぐことのメカニズムが解明された! 以前、「触れることで病気 …

ダウン症の人との癒しの時間〜手のひらセラピーについて〜

毎週このおててに癒されています。 週一回、ダウン症の人が手のひらセラピーを受けて …

マーメイドになってみた、りゅうちぇるにも会えた〜癒しフェア大阪2017〜

11日は、Jコレ神戸代表でもあるジャスミンさんが出展されるとのことで癒しフェア大 …

no image
クロマチックハーモニカの癒しと感謝の気持ちとストレスの軽減と

1月7日、8日とクロマチックハーモニカの演奏会が続き、予定が変更になったこともあ …

気の流れを整えて自然治癒力を高める~中医学の考え方

6月3日。この仕事を始めて、今日から9年目に入りました。週2回の大阪本町のシェア …

セラピーからの自然治癒力を高めるということ

以前にも書いたことです。この仕事をするきっかけになったセラピーとの出会い。セラピ …

スキンシップ、手当て、手の温もりの効果〜手のひらセラピーと介護

年始から、家族のことを続けて書きました。ここ2、3年、年齢的にも、プライベートで …

大切なことは、めんどうなこと、シンプルなこと~メンタルを強くする石屋川ウォーキングの会~

最初は、「経営者のメンタルを鍛える石屋川ウォーキング」ということで、仕事について …

次のステップに進むために、始めたいこと、意識したいこと

お客さんは、次のステップに進むときのタイミングに、サロンに来られることが多いです …

2015年から2016年へ~新たに、目標達成に向けて

いつもとは違う年末。毎年、実家で過ごすのですが、父の写真を持って、母が泊りに来て …